ロゴ

リンクスの会社概要からチェックしてみよう

メンズ脱毛専用サロンであるリンクスは2008年に都築寛史氏が創業した会社です。2013年に株式会社リンクスホールディングスを設立してからは都築氏が代表取締役社長に就任し、さらなる拡大を図っています。現在はリンクスの経営は後任経営者に譲られていますが都築氏のお客様も従業員も大切にする姿勢は色濃く受け継がれています。

ひげ脱毛の中でも人気の施術方法ランキング

カウンセリング
no.1

医療レーザー脱毛は永久脱毛の定番

光を照射してメラニン色素に反応させるところはフラッシュ脱毛と同じですが効果はこちらの方がはるかに高いです。医療行為になるのでクリニックなどの医療機関ではないと行うことができません。永久脱毛の主流とされているのはこの方法です。

no.2

メディオスターを採用して脱毛

医療レーザー脱毛の一種ですが日焼けした肌や色黒の方でも照射できるのが大きな特徴です。産毛にもしっかりと照射していきます。毛を徐々に加熱していく蓄熱式の方法を取ることができる上に、他の施術方法に比べて痛みへの配慮も行き届いています。

no.3

お手軽なフラッシュ脱毛

毛根のメラニン色素に特殊な光を反応させて毛を再生するための細胞を破壊する方法です。1回あたりの施術効果こそ少ないものの、何度も通うことで自然にひげを減らしていけます。費用も他の方法に比べて安価なので手軽に始めて通い続けることができます。

no.4

痛みの少ないS.S.C.脱毛

フラッシュ脱毛と原理は同じで光を使って脱毛をしますがこちらの方が痛みが少なく効果的です。施術箇所の毛が濃く、痛みに耐えられなかった方も改めて試せる方法になります。冷却パワーもアップしているので火傷や毛嚢炎などの肌への負担も軽減してくれます。

no.5

効果絶大なニードル脱毛

毛穴の一つ一つに針を刺し、特殊な電流を流すことで毛の再生機能を直接破壊していく方法です。1度施術を受けた毛穴から毛が生えてくることがないので効果は絶大です。ただし痛みが強いのと費用が多額になってしまうことが困った点になっています。

自分に合った脱毛方法を見つけるために

脱毛したい部位や毛の濃さによって最適な脱毛方法は異なります。まずは情報を集めてみましょう。目安となるのは金額と通う期間です。効果の強い方法を取れば通う回数は少なくて済み、短期間で脱毛を完了できますが強い痛みを伴うことが多いです。極端に乾燥していたり、日焼けしていたりすると施術自体ができない方法もあります。また定期的に通うことにもなるので通いやすいサロンやクリニックが採用している方法から選ぶのも賢い手です。

ヒゲ脱毛なら代表取締役社長の都築寛史が創業したリンクスへ行こう

鏡を見る男性

カウンセリングを受けてみよう

自分では判断できないことやわからないことも多いはずなので悩み過ぎずにカウンセリングを受けてみましょう。脱毛の専門家が相談に乗ってくれます。今後の治療に関わることになるので気になる点は細かい所でもしっかり聞いておきましょう。脱毛に関する質問はもちろん、金銭的な相談や通えるかどうかも一緒に考えてくれます。金額と通う頻度も含めてプランを選べば自分に一番合った方法で脱毛を進めていくことができます。

広告募集中